Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cは、
寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを
頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに
完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

トップページに戻る

支援をお考えの企業・団体の皆さまへ

Corporate
Social Responsibility(CSR)のその先へ

日々変化する経営環境にあって、企業による自主的CSR(企業の社会的責任)の持つ意味は、日増しに重要度を高めています。

「Environment(環境)」
「Social(社会)」
「Governance(企業統治)」

特に、上記「ESG投資」の観点から、企業の収益性だけでなく、環境や人権への配慮といった「コーポレート・ガバナンス」、いわゆる社会性や倫理観に着目した投資行動は、今や世界経済の潮流となっています。こうした「責任投資原則・PRI(Principles for Responsible Investment)」に基づいたESGは、投資家や株主による投資分析と意思決定プロセスに組み込まれています。

これは投資・金融市場に限ったことではありません。企業が経済活動をするにあたって、社会や環境に及ぼす影響を考慮して経営方針を立てることは、今や時代の趨勢となっています。
消費者が製品やサービスの購入を検討する際、商品そのものだけでなく、その背景や企業の姿勢も選択基準にすることからも明らかです。

以上の理由から、ESGに積極的に取り組む方針を表明することは、企業に大きなメリットを生むといえます。

例えば、2015年9月、国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」いわゆる「SDGs(エスディージーズ)」は、国連加盟193カ国が2030年までの達成をめざした取り組みとして知られていますが、ここで掲げられた17の目標(具体的な169のターゲット)は、新しいビジネスチャンスとして国内外の企業で積極的に導入されています。

これらの社会・環境課題を解決する製品やサービスのニーズは高く、そうした企業の取り組みへの関心も高まっていることから、JHD&Cは企業広報・CSR部門の皆さまに対して、特に以下の点を提示したうえで、収益を目的とした企業ならではの社会還元に期待を寄せています。

  • JHD&Cは、社会保障費(税金)に依存せず、一般市民や民間企業・団体さまの継続協力によって、活動を維持・継続させるシステムの構築をめざします。
  • JHD&Cは、「業種や規模」といった壁を超えて、「多種多様な皆さまとのつながりを大切にしたい」との考えから、幅広いコラボレーション(協業)のアイディアを提供いたします。
  • JHD&Cは、既存スポンサーさまをはじめ、今後、何らかの支援や協業を検討中の企業さまには特に、御社の支援は「慈善活動への単なる援助」でなはく、「自社ブランディングやプロモーション」の一環になりうることを提示いたします。これが結果として団体に成長をもたらすことをお含みおきになり、企業収益の有効な投資先として「ヘアドネーション」という新しい価値観を積極的に活用されることを提案いたします。

パートナー・スポンサーのお問い合せはこちらから

Partner・Sponsorのご紹介

Partner

コカ・コーラ ボトラーズジャパン 株式会社

  • 支援型自動販売機の無料設置→詳細について
  • 自社ネットワークとシステムを使った、飲料購入による自動的な寄付の仕組

株式会社 トライン

  • ウェブサイト構築・運営サポート
  • システム開発及びセキュリティサポート
  • ITコンサルタント業務

テスコムグループ・女性キレイ研究所

  • 賛同サロン常設用「募金箱」の製作を助成
  • ボランティア派遣
  • 新聞広告の掲載

株式会社 アデランス

  • 全国160店舗を超えるレディスアデランスサロンを、メジャーメント会場として解放
  • JIS規格取得済「メディカル・ウィッグ」の製作補助
  • 提供済「メディカル・ウィッグ」のケア及びメンテナンス補助

Sponsor

株式会社 MILBON

みらかホールディングス 株式会社

株式会社 柳屋本店

連携イベント・活動などは活動紹介からご覧ください

パートナー・スポンサーのお問い合せはこちらから

Menu

髪の毛の送り先

〒531-0072
大阪市北区豊崎5-7-11
アベニュー中津803号 NPO法人JHD&C事務局

MAPはこちら

TOP