• 累計提供数
  • ウィッグ
    待機人数
  • JHD&C
    賛同サロン

Language Guide

Language settings

閲覧支援

お知らせ

JHD&C事務局より緊急事態宣言に伴う重要なお知らせ

JHD&C事務局より緊急事態宣言に伴う重要なお知らせの画像1

いつもJHD&C(ジャーダック)のヘアドネーション活動にご協力・ご参加ありがとうございます。

2021年8月2日、JHD&C事務局のある大阪府など6都府県への緊急事態宣言が拡大されましたことに伴い、ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の受付や受領証について、下記の通りお知らせ致します。

〜〜〜〜〜

JHD&C事務局では、職員とボランティアさんの安全を確保するため、最小限の人数で交代で事務局業務を行います。

ごく限られた人数で、ウィッグ提供に関する業務を優先させていただくため、受領証の封入・返信の作業は一旦保留に近い状態とならざるを得ない状況となり、受領証のご返送につきましては3ヶ月以上ほどお待たせしてしまうかと思います。

受領証をご希望のドナーの皆さまにはご不便をおかけしてしまいますが、どうかご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜

《ドナー(髪の毛を寄付する人)の皆さまへ》

■職員以外の事務局へのご入室やご対応(髪の毛の持参、見学など)はできません。

■髪の毛の開封作業は、髪の状態や長さをひとつひとつ確認しながらとなるため、開封仕分けができる毛髪量に限りがございます。
順次進めて参りますが、通常より時間がかかりますことをご了承ください。

■受領証の返信(返信用封筒の返送)業務の縮小・保留のため、ご返送までに3ヶ月以上お時間を頂戴します。ご理解ご協力をお願いいたします

■ドナー以外の第三者による送付は受け付けておりません。ドネーションヘアをサロンなどにお預けにならないようご注意ください

■髪の毛をカットされる場合は、カビ防止のため髪の毛を濡らさないようお願いします。


【よくいただくご質問】

JHD&Cにご寄付いただけるドネーションヘアはパーマ、カラー、白髪なども可能です。JHD&Cはフルウィッグを製作・提供しておりますため、ドネーションヘアに必要な長さは31cm以上となります。
髪の状態や長さは各ヘアドネーション団体の規約をそれぞれご確認ください。

〜〜〜〜〜

以前の緊急事態宣言の際には「なんとか頑張って続けてほしい」といった温かなお声やご支援をいただき、本当にありがとうございました。

その後、レシピエントの頭のサイズを計測するための非接触メジャーメントシステムを株式会社アデランスとの共同プロジェクトにて開発し、メジャーメントを続行することが可能となりました。

また、“髪を切らないヘアドネーション”としてチャリティファンディングに多くの方にご参加いただいております。

感染症対策をしながらとなりますので作業に遅れは生じるかとは思いますが、レシピエントとドナーをつなぐ架け橋として、できる限り流れを止めずひとつでも多くのウィッグを提供していけるよう活動して参ります。


新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方にお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方々のご快復を心よりお祈り申し上げます。

2021年8月2日
NPO法人 Japan Hair Donation & Charity

お知らせ一覧に戻る

TOP