• 累計提供数
    480
  • ウィッグ
    待機人数
    416
  • JHD&C
    賛同サロン
    4,738

Language Guide

Language settings

閲覧支援

髪の毛を送る

ドネーションヘア(髪の毛)の送り方、受領証の申請方法をご紹介します。
動画によるご案内もご参照ください。

髪の毛を送る

ドネーションヘア(髪の毛)の送り方、受領証の申請方法です。動画によるご案内もあります。
よくあるご質問Q&Aページもご参照ください。

メディカル・ウィッグ* の素材に適した髪の毛とは?

メディカル・ウィッグ の素材に適した髪の毛とは?
  • 31cm以上の長さがあること
  • カラー、パーマ、ブリーチヘアでもOK
  • 完全に乾いていること
  • 「メディカル・ウィッグ」は、厳しい基準をクリアした「JIS規格適合品(JIS S9623)」にのみ許された名称です。 JHD&Cではメディカル・ウィッグに使用する毛髪の長さを「31cm以上」と定めています。この長さは、頭をすっぽりと覆う全頭用ウィッグに用いる毛髪の世界的な基準「12インチ」をセンチメートルに換算した数字です。
    「メディカル・ウィッグ」についての詳細はこちらをご覧ください。
    「日本毛髪工業協同組合」
  • 毛束の中に含まれる31cm未満の髪の毛は、シャンプーやトリートメント剤、カラー剤の開発に不可欠な「評価毛」として、また美容師さんが練習で使うカットマネキンの素材として販売することで、ウィッグ提供費用の一部として役立てています。
  • 軽く引っ張っただけで切れてしまうほどの極端なダメージがなければ大丈夫です。
  • 年齢や国籍、性別、髪色、髪質は問いません。クセ毛やグレイヘア(白髪)でも問題なく使用できます。
  • クセ毛の場合は、軽く伸ばした状態で長さを測ってください。
  • カットの前に、決して髪の毛を濡らさないでください!
    必ず「シャンプー前のドネーションカット」でお願いします。
    少しでも湿っていると雑菌が繁殖したりカビが生えたりして、ウィッグの素材として利用できなくなります。

チャリティファンディングに協力することでウィッグの提供活動をサポートできます。

チャリティファンディング
ページはこちら

ヘアドネーションの流れ

ヘアドネーションの送り方

髪の毛の送り方、受領証の申請について、動画もご案内しています。

1.美容室を決める

通い慣れた「行きつけのサロン」、またはJHD&Cの活動に協力している「賛同サロン」、どちらでも大丈夫です。
予約時に「ヘアドネーションがしたい」旨を必ずお伝えください。
賛同サロン以外のお店を利用する場合は、ドネーションカットの手順が詳細に書かれた「ヘアドネーションの方法」(PDF)を美容師さんに読んでもらい、了承を得られたら予約をしてください。

  • 必ずしもドネーションカットを引き受けてもらえるとは限りません。その場合はJHD&Cの検索システムをご利用ください。

「賛同サロン検索システム」はこちら

2.寄付する髪の長さを決める

メディカル・ウィッグにするためには、31cm以上の長さが必要です。
切った後どんなヘアスタイルにするか、美容師さんとよく相談して決めてください。

3.髪の毛を切る

3.髪の毛を切る

髪を小さい束に分けてゴムで強めに結び、結び目の1cm上をカット。
ほんの少しの湿り気もカビや雑菌の原因になります。必ずシャンプーの前にカットをしてください。

  • 毛束が太いとハサミがギザギザに入り、切り口が斜めになって十分な長さが取れません。また、結び目がゆるんで、配達中に髪の毛がバラバラになることがあります。ご注意ください。
  • シャンプー後に髪の毛をドライヤーで乾かしても、毛束の内部は湿っています。
    湿った髪の毛は雑菌やカビが繁殖しやすく、他の方の髪の毛と混ざると全体がダメになってしまいます。せっかくの髪の毛をムダにしないために、必ず「シャンプー前のドネーションカット」をお守りください!

4.「ドナーシート」に記入する

髪の毛のコンディションを確認するため、JHD&C所定の「ドナーシート」(PDF)にご記入ください。
PDFが見られない方は、ドナーシートページをご覧ください。
印刷したものに記入しても、メモ用紙等に必要事項を手書きしても、どちらでもかまいません。
ご自身でご用意のうえ、サロンへお持ちください。

  • ドナーシートは任意です。無理のない範囲でご記入ください。
    ドナーシートが同封されていなくても、髪の毛はご寄付いただけますのでご安心ください。

5.返信用封筒を用意する

「あなたの髪の毛をJHD&Cが確かに受け取りました」という証明として、「受領証」をお送りすることができます。

ご希望の方は「返信用封筒の作り方」(PDF)をご覧のうえ、宛先を記入して切手を貼った所定の封筒を同封してください。

PDFが見られない方は、返信用封筒の作り方ページをご覧ください。

【返信用封筒1枚につき、受領証1枚のご返送】とさせていただきます。
ご家族でのヘアドネーションなど受領証が複数必要な場合には、必要枚数分の返信用封筒を、ドナーシート同様ご自身でご用意ください。

  • 封筒の入れ忘れや切手の貼り忘れがあると、受領証をお送りできません。
    また、封筒が受領証サイズよりも小さい場合には、発送までにさらに時間がかかります。ご注意ください。
  • 現在、受領証のお届けには、早くても1カ月程度のお時間を頂戴しています。
    少人数の職員ですべての作業を行っていますので、なにとぞご理解のうえ、気長にお待ちください。

6.髪の毛を発送する

6.髪の毛を発送する

髪の毛・ドナーシート・返信用封筒(受領証をご希望の方のみ)を1セットにして送付してください。

ドネーションヘアの発送には、追跡機能のついた方法(日本郵便のレターパックやヤマト運輸などの宅配サービス)を推奨しております。

ご自分の髪の毛がJHD&Cに到着したかどうかの個別のお問い合わせには応じられません。あらかじめご了承ください。

恐れ入りますが、送料はドナーによるご負担をお願いしております。
着払いや料金不足の場合は受け取ることができません。ご理解とご協力をお願いします。

宛先
〒530-0022
大阪市北区浪花町13-38 千代田ビル北館7A
JHD&C ヘアドネーション係
宅配便記載用電話番号 06-6147-5316

お電話でのお問い合わせには対応しておりません。

7.受領証が届く

所定の返信用封筒を同封された方には、「あなたの髪の毛をJHD&Cが確かに受け取りました」という証明として、「受領証」をお送りします。
(返信用封筒についての詳細は「5 返信用封筒を用意する」をご覧ください)

受領証 サンプル
  • 受領証にお名前・日付の記載はできません。
  • 受領証とは別に「ボランティア証明書」などの発行には対応しておりません。
  • お電話による到着確認や、ご自分の髪の毛がウィッグになったかどうかのお問い合わせにはお答えすることができません。
    毎日、100通以上の送付物を、ごく少人数の職員で開封・仕分けをしています。
    また、ウィッグの提供に関わることを優先して業務にあたっています。
    みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

TOP