Q&Aよくある質問

よくある質問

こちらはJHD&Cに寄せられるお問い合わせの中で、よくあるご質問をまとめたページです。

まずは以下をよく読んで、それでも解決しない場合はお問い合わせ下さい。また、利用規約・プライバシーポリシーも併せてご覧下さい。

ご質問一覧

髪の毛はどこに送ればいい?

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11-803
06-6147 -5316(宅配便記載用)

NPO法人JHD&C事務局ヘアドネーション係までお願い致します。
宅配便、普通郵便、いずれも大丈夫です。

髪はどうやって送ればいいの?
詳しくはこちらをご覧下さい。
髪の毛が確実に届いたかどうか知りたい

JHD&Cでは、ご希望の方に受領証を送付しております。
所定の「返信用封筒」をご準備の上、髪の毛と一緒にご同封下さい。
「返信用封筒」の詳細はこちら

また、追跡サービスつきの郵送方法をご利用くださいませ。

(例)
郵便局の追跡サービスについて
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

ヤマト運輸 お届け日・発送情報関係について
http://www.kuronekoyamato.co.jp/qa/02.html#q04

佐川急便 輸送状況を調べる
http://www.sagawa-exp.co.jp/send/howto-search.html

Onewigを提供したら、報告してほしいな
JHD&CよりOnewigの提供が行われたら、その都度「提供実績・活動報告」のページに掲載しておりますので、そちらをご覧下さい。
ただ、非常にデリケートなことですので、提供した全ての方に、HPの掲載を了承して頂ける訳ではありません。
プライバシーに配慮し、なるべく個人のお顔が特定できない写真のみ、こちらで選んで掲載しておりますことをご理解下さい。
長さの規定はありますか?
Onewigとして使用できる最短の長さは、当団体の場合【12インチ=30.48cm】と規定しています。
必ず乾燥した状態で、切り口から毛先の長さを測って下さい。
枝毛や切れ毛、シャギーやレイヤーなどが入っていても大丈夫です。
なお、同じ方の毛束に混ざっている規定未満の髪は、転売等によりウィッグの製作費用に充てさせて頂くことがあります。
どのような場合も、廃棄されたり無駄になることはございませんので、ご安心くださいませ。
パーマ、ヘアカラー(ヘナ含む)、くせ毛、縮毛矯正、髪色が明るい、白髪などがあっても大丈夫?
軽く引っ張っただけで切れてしまうなどの極端なダメージがない限り、大丈夫です。
ヘアドネーションするために、わざわざカラーリングし直したり、ストレートパーマをあててまっすぐに伸ばしたりする必要は全くありません。
昔の髪の毛でも大丈夫ですか?

古い髪の毛でも問題ありません。
「昔切った髪を大切に保管していたけれど、処分に困っている…」などの場合は、是非ヘアドネーションにご協力下さい。

日本人以外でも、または男性でも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です!
ヘアドネーションは、老若男女どなたでもご参加いただけるボランティアです。
送る前に、トリートメントなどをした方がいいの?
必要ありません。むしろ、化学処理をなるべく施さない方が良い状態で使用できます。
そのままお送り下さい。
治療のため、輸血や投薬を受けています。寄付できますか?
問題なく、ご協力頂けます。
賛同サロンになりたいのですが…
賛同サロン登録を希望される場合は、こちらをご確認の上、お申込みフォームからお申込み下さい。
特に「賛同サロン」としてのご登録が無くても、全国どちらの美容室様からの髪でも受け付けております。
普通郵便や宅配便などで直接ご郵送下さい。ただし、送料は店舗様のご負担とさせていただいております。
賛同サロンで受けられるサービス・特典を知りたい
各賛同サロンで行っているサービス・特典(割引など)に関して、JHD&Cでは一切把握しておりません。
賛同サロンに登録すること自体がひとつのチャリティの形であり、その先にどのようなサービスを行われるかについては、各店舗様にお任せしております。
ですので、前もって各理美容室にお問い合わせになり、ご予約の上、ご来店ください。
*最近、予約されたのに来店されないケースが非常に増えております。
店舗様のご迷惑にもなりますので、行けなくなった場合は必ずご連絡をお願い致します!
寄付金の領収書は発行してもらえますか?

はい、可能です。
必要な方は、振込の際「お客様情報欄」に「領収書希望」とご記入の上、
「領収書発行」フォームから必要事項をご申請くださいませ。

理美容室様の場合は、売上金の一部をご寄付頂いた場合は領収書の発行は可能ですが、
募金箱のお金(お客様からお預かり頂いた募金)に対しての領収書の発行はできません。
ご了承下さい。

募金や寄付金の振込先を教えて下さい。

振込先はこちら。
【ゆうちょ銀行】
名義;NPO法人 JHD&C
名称;トクヒ)ジャーダック
口座;00940−6-144848

【ゆうちょ銀行以外から振り込まれる場合】
店名;〇九九(ゼロキュウキュウ)
店番;099
種目;当座
口座;0144848

ゆうちょ銀行同士の振込の場合は振込手数料はかかりません。
その他の場合、恐れ入りますが振込手数料はご負担願います。

クレジットカードでのご寄付はこちらから受け付けております。

Onewigは、どのようにして作られているのですか?

1体のOnewigを作るためには、およそ20〜30人分の髪の毛が必要です。
お送り頂いた髪の毛は、それぞれに髪質や髪色がバラバラで、そのままではウィッグに使えないため、まずは「トリートメント処理」(一般的に美容室で行うものと違い、髪を均一なものにするための科学処理)を施します。
この処理だけで、約半年から1年の時間がかかります。
皆さんから寄付して頂いた髪の毛は、その後、晴れてOnewigの材料として生まれ変わります。

ここまで準備が整ったら、いよいよ採寸です。
実際に提供を受けられるお子さんの頭の形やサイズを計測して、国内のウィッグメーカーに依頼してフルオーダーでウィッグを作ってもらいます。

そうして仕上がったOnewigも、初めは「ただ髪の毛が植えつけられただけの状態」ですので、
提供を希望されているお子さんに、実際にウィッグを被ってもらった状態で、ボランティアの美容師さんが前髪や長さなど、希望のヘアスタイルにカットします。
このようにして、『Onewig=世界にひとつだけの、あなただけのウィッグ』は出来上がります!

Onewigの提供を受けたいのですが、代金はかかりますか?
1円のお金も必要ありません!完全に無償での提供です。また「お心付け」や「手土産」などは、当法人の会則に則って、全てお断りしております。
Onewigの日常のお手入れのコツは?

人毛100%でできているOnewigは、見た目や手触りはとても自然で、一見してウィッグとは分かりにくい仕上がりです。
ただ、化繊でできたファッションウィッグと違い、高温でコテを当てたり、長時間カーラーを巻き続けたり、
強い力でブラッシングを続けたりすると、髪が傷み、抜けたり、ちぎれたりして劣化が早くなります。
それは、あくまでも「カットされた=成長が止まった、切り離された」髪の毛だから。
生きている髪なら、ダメージの部分をカットしても成長とともに伸びますが、ウィッグは切ると再生しません。
より長くお使い頂くには、少しだけ、丁寧に取り扱ってあげて下さい。
また、ロングヘアのウィッグの場合、どうしてもからまりやすくなります。その場合は優しくブラッシングを!
汚れてしまった場合には、人肌のお湯(40度以下)で洗って下さい。シャンプーもお使い頂けます。

丁寧に取り扱っていても、ウィッグは消耗品です。
いずれ劣化してくることをご了承の上、ご使用下さい。

特定の個人のためにヘアドネーションしたいのですが…
残念ながら、できません。
お預かりした髪の毛は、ウィッグを作る前の段階で、全てバラバラに混ざり合ってしまいます。
そのため、どなたの髪の毛がどのウィッグに生まれ変わったのかを追跡するのは、事実上不可能です。
でも逆に言えば、JHD&Cの作る全てのウィッグに、あなたの髪の毛が使われているかもしれないということ。
規定の条件を守ってお送り頂いた皆さんの髪の毛は、確かに『誰か』の日常を取り戻すお手伝いをしています。
使っていないウィッグやヘアピースがあるんだけど、それも寄付できますか?
残念ながら、現在は寄付の受付けを行っていません、悪しからずご了承下さい。
電話で問い合わせをしたいんですが…
現在、多忙のためお電話での対応を行っておりません。悪しからずご了承下さい。
まずは「よくあるご質問」をじっくりとお読みの上、メールでお問い合わせ下さい。

Introduction video